恋のツワモノ|50歳からの恋愛白書

オトナ女子の恋バナ(男性は絶対読まないでください!)

50女子がディオーネのVIO脱毛を初体験(1)

      2016/04/09

◆ディオーネの無料カウンセリング

 

入口

予約したディオーネ心斎橋店は、地下鉄御堂筋の心斎橋駅から歩いて5分くらいの場所にあるビルの5階で、方向音痴のトンコでも迷わずにつくことができました。
少し早めに来てくださいと言われていたのですが、10分くらい前についてしまった。
ちょっと緊張してます。

お店に入る前にトイレを探したところ、同一フロアの丁度ディオーネの入り口向かいにトイレがありました。ビルの仕様で、トイレはお店の外にあるよう。これはちょっと減点かな。

美容室などでもたまにビル等集合施設の中にあるお店で、トイレが店外というところがありますが、これって少し不便です。
パーマやカラーで時間がかかる場合、どうしても途中でトイレに行きたくなる時があって、そんな際に、タオルを髪に巻いたまま店の外のトイレに行くのは少し恥ずかしいですよね。

ましてや脱毛とくれば、いちいち洋服を着なおしてトイレに行くのも大変なので、脱毛中はトイレは我慢だなと思いつつ、店内へ。

◆ディオーネ心斎橋店はこんなお店です

ディオーネ心斎橋店
管理人トンコが予約を入れたのはディオーネの心斎橋店。ビルの5Fで、入り口はガラス張りです。オフホワイトとダークベージュのカラーで統一された店内は明るいながらも、落ち着いた雰囲気です。

入り口前のカウンターではスタッフのお姉さんがにこやかな笑顔でお迎えしてくれました。

ウエイティングルーム
ウェイティングルームはちょっと変わった掘りごたつタイプ。入り口で靴を脱いで店内に入ります。入り口はガラス張りですが、掘りごたつに入るとモダンな格子に囲まれて外からは見えません。

2014年1月にリニューアルされて広くなったようですが、待合室は思ったよりもこじんまりとしています。掘りごたつが2つなので、予約者が2人以上来ると、かち合っちゃうかなと思いました。

予約は平日の15時だったので、待合室には誰もおらず、奥の掘りごたつに通されて、そこで最初のカウンセリングを受けました。他のサロンではカウンセリングルームが個室になっていることも多いですが、ディオーネの心斎橋店ではカウンセリング専用のブースは無いようです。

◆まずは、ハイパースキン法の説明

カウンセリングでは、ディオーネでの脱毛の特徴について、丁寧に説明がありました。
ディオーネでは、他サロンが行っている光脱毛や医療クリニックのレーザー脱毛とは、根本の仕組みが違います。

▼ハイパースキン脱毛がなぜ痛くないのか

ハイパースキン脱毛

光脱毛やレーザー脱毛は、黒い色(毛)に反応する強い光を照射し、毛根を焼いて毛を抜く手法。一方、ハイパースキン法は、毛の休止期に毛が生える種のようなもの(発毛因子)に対して特殊な光を当てて、発毛を抑える方法です。

毛根を焼くための高熱は不要(体感温度は38℃くらい)なので、痛みがなく、肌へのダメージも少ないのが大きな特徴です。

▼脱毛以外の美肌効果について

ディオーネの「ハイパースキン脱毛」の光には、フォトフェイシャルの光が3割ほど含まれているので、脱毛しながら皮膚を活性化しコラーゲンを増加させる驚きの効果があります。

これによって、ムダ毛のお手入れ箇所にありがちな、カミソリ負けや肌荒れ、色素沈着などの肌トラブルも同時に改善が図れるんです。シミやシワにも効き目があるというので、脱毛しながら美肌も実現できるなんてアラフィフ女子には嬉しい限りのマシンです。

ディオーネのハイパースキン脱毛の特徴とメリットはこちらに詳しくまとめています。
第4話 ここしかない!50女子の脱毛サロン

◆次に脱毛コースと料金の説明

VIOデザイン
VIO体験を申し込んでいるので、VIOの2種類のコース(ハイジニーナとsemiハイジニーナ)について詳しく説明してくれました。スタッフさんのオススメは、なんと全処理をするハイジニーナ。

これは、高いコースをやみくもに勧められたのではなくて、ちゃんとした理由がありました。

アンダーヘアを全部無くしてしまうのは抵抗があるので、初めはsemiハイジニーナを選択する人が多いらしいのですが、脱毛処理をしていない素のままの毛量で形を整えると、まるで海苔を張り付けたような不自然な感じに仕上がってしまうんだとか

確かに、もっさもさでボーボーのままのアンダーヘアを逆三角形やスクエアに形を変えて切り取っても、まるでとってつけた海苔みたいな感じになるのは容易に想像がつきます。(海苔というより前張り??)

一方、全処理を行うハイジニーナは、最終的に希望の形で毛を残すことも自由なんだそうです。ハイジニーナを選択したからと言って、つるつるにしないといけないわけじゃない。
初めに数回、全処理で照射して全体の毛量を減らしたり、毛質をやわらかく変えてから、形を整えていく方が、最終的な仕上がりがきれいになるのだそうです。

デザインはともかく、欲しい仕上がり感は、勿論、海苔を張り付けたようなゴワゴワしたものではなく、ふんわり柔らかで短めの毛で自然に覆われた感じです。
全く考えていなかったハイジニーナコースが急に現実味を帯びてきました。

ただ、いきなり全剃りはちょっと・・・
母にバレると何を言われるやら。

体験でも全処理ができますよと言われたんですが、さすがに今日、ハイジニーナを試すのは止めて、セミの方でお願いすることに。

コースの説明の際に、顔脱毛としみデトックスの体験も一緒にできないか訪ねてみると、同時に施術可能とのことなので、両方の体験をすることにしました。

トンコは、当日来店してから申し込んだのですが、曜日や時間帯によっては当日の受付ができないケースもあるようなので、同時体験を希望する場合は、あらかじめ予約しておく方が確実です!

注意:上記内容は、個人の感想であり効果を保証するものではありません。

 - ムダ毛