恋のツワモノ|50歳からの恋愛白書

オトナ女子の恋バナ(男性は絶対読まないでください!)

50女子がディオーネのVIO脱毛を初体験(2)

      2016/04/17

ディオーネのVIOと顔脱毛のお試し詳細

事前カウンセリングで想定外のハイジニーナコースの提案に気持ちをグラグラさせながら、いよいよ緊張のVIO初体験開始。

待合室を抜けて、奥の個室に移動します。

◆ディオーネの処置室

 

50onna08-1

ディオーネは完全個室制で、部屋もきちんとした壁で区切られています。ただし、防音ではないので、普通に隣の部屋の声とかは聞こえます。
まぁ、カーテンでの仕切りとかではないので、プライバシーは守られている方かな。

部屋はかなりゆったりとした広さです。ロッカーは無くて、脱いだ洋服を入れる籠と、アクセサリーを入れる小箱があり、VIOライン施術用の伸びる紙ショーツと前ボタン式のガウンが用意されていました。

VIOのためにふき取り用のウエットティッシュもあって、これはうれしい気配りです。事前にきちんと洗って来ているとはいえ、日によってはオリモノとか気になる時もありますからね。

洋服を着替えて待っていると、先ほどカウンセリングしてくれたスタッフの方が、入室してきて、一人で処置を行ってくれました。

◆顔脱毛から体験スタート

顔のシェービング

※画像は公式サイトより

急きょお願いした顔脱毛としみデトックス。VIOの初体験に気を取られて、うっかり顔のシェービングを忘れてきてしまったトンコでしたが、電動カミソリ(パナソニック フェリエ)で丁寧にシェービングをしてくれました。

昨日は剃り忘れたけれど、定期的には顔の手入れはしているので、それほどムダ毛はないと思っていたら、「これだけ残っていました」と、見せていただいた剃った毛の量が結構あって、ちょっと恥ずかしかったです。

フェイス周りとか、意外と剃り残しが多いんだそう。
電動カミソリはとてもソフトな肌触りで、気持ちよかったです。(後で、しっかり購入しました。税込み3,240円)

お化粧をしていたので、クレンジングをしてもらい、強酸性水で殺菌・消毒。ここまではエステサロンでの手入れと似てます。

顔の照射

※画像は公式サイトより

次に脱毛のためのジェルを塗布。このジェルには加水分解コラーゲン、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸等の美肌成分が多く含まれているのだそう。目をつぶっていたので見えなかったんですが、ジェルには匂い等はないです。

顔にまんべんなくジェルを乗せた後、目元は光をさえぎるための目隠しで覆い、瞼と唇以外の顔全体に光を照射していきます。目隠しをしていても眉間などは少しまぶしいですが、痛みは全くありません。ホワンと暖かい感じがするだけです。

生え際を自然な形にするか、しっかり脱毛するか、眉毛はどんな風に残すか等、細かな要望を一つずつ確認しながら処理してくれました。

顔全体をくまなく2回照射。気になる口回りは念入りに当ててくれました。照射後、ジェルを取り除き、美顔専用の美白美容液で保湿をして顔脱毛は終了です。

◆次はしみデトックス

お顔脱毛としみデトックス

顔脱毛の次は、楽しみにしていたしみデトックスです。
トンコは、長年窓際の席で仕事をしてきたためか、窓に向いている右の頬に3つも気になるシミができてしまいました。一番大きいもので直径1cm、小さいので2mmくらい。ファンデーションで隠してもうっすら見えるくらいの濃さです。

これが、少しでも薄くなれば本当にうれしい。

今日は、お試しなので、5カ所のしみを処理することができるのですが、右ばかりに集中するのはバランス的に良くないとかで、右3か所、左2カ所を指定しました。(取りたいシミの場所を、手鏡を見ながら具体的に指定します)

シミ取りマシン

低周波を利用したシミとり用マシン(金属のペン先を付けたようなマシン)で一つ一つシミをなぞっていきます。低周波なんで、少し痛みを感じます。

針金か何かでひっかくような感じですが、我慢できないほどの痛みではない(※トンコは自他ともに認める怖がりの痛がりなので普通の人なら何とも感じないかも)です。しみ5つで5~6分くらいでしょうか。

終わるとまた手鏡で処理後の状態をチェック。指定した箇所が少し赤く変色してました。これがだんだん茶色いほくろのように変色していき、一週間程で自然と剥がれ落ちるらしいです。思ったよりも処理後が目立つので、しみデトックスの場合は、コンシーラーを持ってきた方がいいです。

◆いよいよVIO脱毛

いよいよVIO

さあ、最後が今日のメインのVIO脱毛です。
まずは、残毛の処置。公式サイトの写真では、タオルで隠しながら・・・とありましたが、足をくの字に曲げた状態で紙ショーツをびよーん。
ショーツが紐で伸びる形だった理由が良く分かりました。

引っ張れば、お手入れ箇所は丸見え状態に。
担当者さんによってやり方は少し変わるようですが、この日担当してくれた方は、かなり思い切りが良いタイプだったよう。

この時点で、すっぱり、羞恥心を忘れることにしました。
50歳の私にしてみたら自分の娘くらいの年齢のスタッフさんが施術してくれているわけですが、相手はプロで、毎日大勢の人のを見慣れているわけで、中にはお年を召した人だって何人かいるでしょう。

あー、Iラインの白髪が~とか、O周りの色素沈着が~とか
そういったことはもう気にしない、気にしない。
むしろすっぽんぽんの丸見えでも、あて漏れが無いようにしっかり処理してもらうことが肝心なんです。

◆デザインをスタッフさんに相談しながら決める

話しかけてくれるスタッフ

※画像は公式サイトより

気まずさを感じさせないように、シェービングをしながらスタッフさんがいろいろ気遣って話しかけてくれて、この時にデザインの形を相談して決めました。

体験でも全処理(毛を全部剃って照射する)が可能らしいのですが、さすがに全剃りは家族の手前もあるので断って、小さめの逆三角形で残すことにしました。トンコはVラインの上部の真ん中がちょっと禿げ気味なので、その位置にトップをあわせると自動的に小さめの三角形になるわけです。

一瞬、ハート形もできるなと頭をよぎったのですが、この歳でハートというのは無いだろう・・・と即座に却下。

Iラインはスタッフさんのオススメで全部処理をすることに。もともとIラインの白髪が気になって決めた脱毛なので、Iに関してはスッキリ全部無くすことにしました。

VIOのジェルは常温のものですので、ちょっとだけひんやり感じましたが、我慢できないほどではないです。ベットは電気カーペットが弾かれていているので、だんだんポカポカしてきます。途中でトイレに行きたくなったら困るなと思っていたのですが、全くの問題なかったです。

◆本当に痛くない!

VIO照射

※画像は公式サイトより

シェービングが終わると、強酸性水を含ませたコットンで殺菌・消毒し、美肌成分の含まれたジェルを塗って光を照射していきます。

心配していたVやIラインもぜんぜん痛みはありません。脱毛で一番痛いのはIラインと聞いていたので、ちょっと構えたんですが、確かにほんのりと暖かく感じるだけで痛くは無かったです。(人によっては、Oが一番痛いとか、Vが痛かったという人もいますけど、押しなべてIが痛いというクチコミを多く見ました。)

あて漏れが無いように2回ずつしっかりあててくれました。

Oライン照射

※画像は公式サイトより

最後にOラインですが、私は横向きで膝を曲げ、下になった方の足をまっすぐに伸ばすポーズで処理してもらいました。うつ伏せで処理することもあるようですが、間違っても馬のようなポーズですることは無いので安心してください。(ちょっと心配していた。)

私はVIOの中ではOラインがちょっとだけ痛く感じました。と言っても、痛みというほどのものではなく、”なんか当たってる”感くらいです。

照射後は、ジェルをスパチュラで取り、精製水を含ませたコットンで拭き取って、美顔専用の美白美容液(←贅沢)で保湿して完了です。

ディオーネ美容液

※ディオーネオリジナル美白美容液 画像は公式サイトより

施術の後はパウダールームで化粧直し。日焼け止めやヘアドライヤー等も無料で貸し出してくれます。
ここまでで、所要時間1時間15分くらいでした。顔脱毛&しみデトックスで20~30分くらいかかったと思うので、VIOだけならもう少し早いと思います。

注意:上記内容は、個人の感想であり効果を保証するものではありません。

 - ムダ毛