恋のツワモノ|50歳からの恋愛白書

オトナ女子の恋バナ(男性は絶対読まないでください!)

ミュゼの両ワキ100円コースを契約

      2016/05/04

◆ミュゼの無料カウンセリングはかなり手ごわい

お手入れできない

 

50歳にしてエステ脱毛デビューというかなりおくてな管理人トンコです。(おくてって通じますかね。最近、若い人と言葉のギャップを痛感する、ネット用語がわからないトンコ)

おくて
1 (晩稲)比較的遅く成熟する品種の稲。中手 (なかて) ・早稲 (わせ) に対していう。《季 秋》「刈るほどに山風のたつ―かな/蛇笏」
2 (奥手・晩生)一般に、遅く成熟すること。
㋐花や実のつくのが遅い草木の品種。
㋑成熟の遅い人。「あの子は―だ」
㋒時節より遅く咲く草花。
出典:デジタル大辞泉 http://dictionary.goo.ne.jp/jn/30411/meaning/m0u/

とはいえ、ディオーネでお試しVIOも体験したので、ミュゼの無料カウンセリングも構えることないかなと軽い気持ちで出かけたところ・・・
これが、また、思いのほか大変でした。

何が大変かというと、ミュゼは誰でも施術を受けられるわけではないということが分かったんです。

普通、美容院とかエステサロンとか、予約して店舗に行けば100%、サービスを受けられますよね。断られることなど皆無です。
それが、ミュゼでは、なんとお手入れができない条件があるんです!

カウンセリング申し込みフォームにも、よく見ると「通院やお薬を服用されている場合、ご契約いただけない場合があります」の記載が。

ミュゼ注意事項

 

無料カウンセリングに行って、最初に見せられるのがこの条件を記載したシートです。

 

  • 体調がすぐれない
  • お肌が乾燥している
  • 当日、お薬を服用している ※定期的に服用されている方は医師に相談してください。
  • 妊娠・授乳中である
  • 前後10日以内の予防接種
  • 日焼けをしている
  • 前後12時間以内の飲酒
  • 1ヶ月以内に挙式を控えている(事前のウェディングフォトを撮影する場合も含む)
  • 当日お手入れ箇所への制汗剤、保湿剤、日焼け止め(湿布も含む)を利用した
  • 当日は 、 運動や発汗を促す行為(シャワーは使用可能)
    ■入浴 ■サウナ ■スポーツ ■エステ ■マッサージ ■温泉 ■岩盤浴 ■海での遊泳 ■ 飲酒等の 体温上昇
  • 生理中のデリケートゾーン(Vライン、Iライン、ヒップ奥、トライアングル上・下)
    ※上記の他、体調や体質によってお手入れが出来ない場合がございます。

待合室で待っている時に、お店に訪れた会員にも配られていたので、どうやら毎回チェックされる模様。
ディオーネでも初回のカウンセリングで体調や病歴などは軽く聞かれましたが、ここまで細かくはなかったです。

しかも、初回のカウンセリングではタッチペン式で入力できるタブレットでお手入れをはじめるにあたっての注意事項や細かい規約を確認し、それに同意して初めてカウンセリングが開始されました。

注意事項の内容が多かったので全部は覚えてないですが、内臓疾患を抱えている人は医師の了承が必要だったり、インプラントをしている人は顔周りの脱毛ができないようなことが書かれていました

歯のインプラント治療はあごの骨を削って金属のネジ)を埋め込むため熱伝導が良くなってしまうんですね。

他には、ステロイド薬を飲用している場合は1ヶ月あける、ステロイドの入った塗り薬を使っている場合は2週間あける必要があります

健康な人ならあまり気にすることは無いでしょうが、風邪薬や頭痛薬もNGですし、日焼け止めを塗っている場合もお手入れができないのは要注意です。

これだけ条件が厳しいので、カウンセリングを受けてから別の日に予約が必要となるのもうなずけます。

▶▶ミュゼ≪WEB予約限定スペシャル価格≫100円の詳細

◆ミュゼでのコース選択

病歴や体調などに問題がないことをタブレットに入力した後、コースの説明を受けました。

トンコはVラインは既にディオーネで契約済みですし、先ほど読んだ注意事項に「他店で処理した後は数カ月あける必要がある」と書かれていたので、ワキだけの契約はできないか尋ねてみたところ、「ワキだけの契約とするとWEB予約割引でも2,400円になってしまう」とのこと。

ですが、もしセットでコース契約してもVラインが不要なら毎回Vラインだけお休みすることが可能だと教えてもらいました。それなら問題なしです。

その他にも、色々なコース説明や単独部位を選んだ場合との比較なども詳しく説明してもらったのですが、ミュゼではワキだけ施術したかったので、半分聞き流してしまいました。

ただ、驚いたのは、1回の施術の後、最低2カ月~3カ月は間隔をあける必要があることと、効果を実感するには20回程かかると言われたことです。

ミュゼでは1回で全部の部位を施術できますが、3カ月置きに20回かかるとなるとそれだけで丸5年ですよね・・・。

長い!!

トンコ「5年ですか??」
スタッフさん「毛量や毛質等で個人差はありますが、20回以上かかる方もいらっしゃいます。」

うーん。

「終わりのある脱毛」ってどこかのサロンのコマーシャルで使われてたけど、こういうことか・・・。
(ディオーネが3週間周期の施術で本当に良かった)

◆ミュゼのコース料金

次に気になったのがミュゼの料金体系です。
今回の目的の「ワキ+Vライン」と比べて、全身脱毛がかなり高額だったのに少し驚きました。

  • 全身脱毛1回が48,000円
  • 4回コースで168,000円+税
  • 12回コースなら50万越えです。

これが、キャンペーンで50%OFFされて約31万円となっていました。

ディオーネの全身脱毛(正規価格)が36万なのでそれよりは安いのですが、正規価格で比べると倍ほど違う。

同じく全身脱毛12回コースがキレイモなら約23万円
脱毛ラボなら約20万円に比べると少々高めな気がします。

まぁ、私はワキだけなので関係ないですけどね。

別の部位のコース契約(4回以上)をした場合、その「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」税込み100円が無料プレゼントされるとの説明もあったのですが、100円なので迷わず目的のコースだけにしました。

だって、ワキだけでいいんだもーん。

◆100円で契約 そして思わずついで買い

ミュゼ契約

ということで、無料カウンセリングの日に「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」の契約をしました。
支払った金額は100円なのですが、定価は6回4,800円のコースで4,700円が割り引かれています。

ミュゼの場合、タブレットにタッチペンでサインすることで契約完了です。印鑑を持参する必要は無いですが、本人確認のための書類(運転免許証、保険証等)は必要です。

この間、1時間を少しオーバーしてました。

長時間、色々と親身に相談に乗ってもらって、100円の契約では申し訳ない気がしてきて、カウンセリングルームに置いてあった保湿剤のキャンペーンのポップに目が留まりました。
ミュゼでは脱毛箇所には専用の保湿ローションを使うことが推奨されていて、その商品がお安くなっていたんです。

ということで、またまた大人買いしちゃいました。
モイストプラスシトラスロール(200ml 1本2500円)2本にS.S.C.ミルクローション(33ml 1本500円)が5本付いて税込み5,400円!!

大人買い

 

やれやれ。

 

◆ミュゼの完了コースとは

完了コースの基本的な考え方は、6回の施術を1年間(契約回数に2か月を乗じた期間)で消化するものです。なので、契約書には回数は6と表記されます。期間内に消化できなかった分は、最終来店日(お手入れ日)から5年間以内であれば回数保証されています。(5年間の間に6回を消化すればOKということ)
そして、7回目以降は無料で、期限もありません。

◆ミュゼの完了コースはいつ完了となるか

完了コースは回数・期間は無制限です。お店のスタッフさんが「これで完了します」と宣言するのではなく、利用者が満足するまでいつまでも通うことができるというもの。

完了コースに契約回数が決められているのは、6回を消化する前に解約する場合の返金保証計算のためだそうです。
最初に支払った金額を6で割り、残っている回数分が返金対象となります。

1年以内に5回実施して解約したら、支払った金額100円の1/6=16円が返金されるってことですね。

細かいけどしっかりしてます。

ミュゼ会員カード

 

 - ムダ毛 ,