恋のツワモノ|50歳からの恋愛白書

オトナ女子の恋バナ(男性は絶対読まないでください!)

おならが臭くなる原因とは?

      2016/04/26

◆なぜおならは臭いのか?臭くないおならはあるのか

今そこにある危機

愛しのユキさん(8つ年下のマイダーリン)の前では死んでもおならをしたくない、アラフィフ管理人トンコです。

そんな女心などお構いなしに、生理現象は日々続き
今日も、とにかく、おならがしたい。
本当に、良く出るんです。
恋する女にとって、まさに「今、そこにある危機」です。
(トム・クランシーファン)

気にすればするほど、回数も臭いもひどくなります。(そんな気がする)

おならの正体は、腸内に生ずるガスで、口から飲み込んだ空気(7割~9割)と食物の分解ガス(3割~1割)だということが前回わかりました。口から飲み込んだ空気は無臭なので、あのおならの臭いの原因は、食物の分解ガスの一部となります。

一部と書いたのは、分解されても臭いが出る食べ物と、あまり臭わない食べ物があるからです。

【分解ガスが臭わない食べ物】
穀物、豆、芋、ゴボウ、干しシイタケ、切干しダイコンなどの乾物、海草類やコンニャク、キノコ類等の食物繊維が多い食品
【分解ガスが臭う食べ物】
肉類、乳製品、卵、ニンニク、ニラ、玉ねぎ、ネギ

肉や卵等のタンパク質を多量に食べた時に、十分に消化されなかった食べカスが腸内の細菌によって分解されてアンモニア、硫化水素、インドール・スカトール等の悪臭成分を発生させます
また、ニンニクやニラ、ネギ、玉ねぎなど硫黄分の多い食べ物も食べ過ぎた場合も、硫化水素・インドール・アンモニアが発生して悪臭の原因になります。

 

◆腸内の善玉菌と悪玉菌とは?

50onna16-1
胃酸や胃の中の酵素で消化しきれなかった食べカスを腸内で分解した際に悪臭を発生する=腐敗させる細菌は「悪玉菌」といって、代表的なもので大腸菌、ウエルシュ菌、ブドウ球菌、クロストリジウム等があります。
一方で、穀物・芋や豆類を無臭で分解する細菌が「善玉菌」で、有名なのはビフィズス菌や乳酸菌です。

ヨーグルトや健康サプリメントのCM等でよく目にする「善玉菌」と「悪玉菌」ですね。

人間の腸には300種類以上の細菌がいて、消化作用を手助けしたりビタミンを合成したりしているのですが、この働きの過程で人間にとって有用な作用を及ぼす細菌を「善玉菌」、反して体に悪影響を与えてしまう細菌を「悪玉菌」と分類しています。

「善玉菌」は、消化酵素の働きを助けて、食べ物の分解・消化・吸収に関与するとともに、腸内のpH値を低下させて弱酸性にすることで、病原菌の感染を予防して健康維持に役立ちます。
また、「悪玉菌」による腐敗の進行を防止し、悪玉菌自体の繁殖や有害物質の吸収も抑える働きがあるのです。

それに対して、「悪玉菌」は食べカスを分解する際に有毒物質を発生させ、腸内をアルカリ性にすることで「善玉菌」の働きを抑制し、身体全体の免疫力を低下させてしまいます。

ただし、「悪玉菌」も消化を行うという点では人間にとって必要な菌なので、「悪玉菌」を撲滅すれば良いということではなく、そのバランスが肝心なんだそうです。

炭水化物は主に善玉菌が分解し、タンパク質や脂肪は主に悪玉菌が分解するという役割分担が決まっているので、悪玉菌がいなければ、肉類等のたんぱく質を消化できなくなってしまいます。

また、「悪玉菌」が必要悪なのは、「悪玉菌」と戦うことで「善玉菌」の抵抗力が高まり、外部の細菌やウィルスの侵入にも対処する免疫力を付ける役割を果たしているからです。

世の中には、バイキンマンとアンパンマンの両方が必要だってことですね。

 

◆おならは臭わない方が良い

善玉菌が分解するものはあまり臭いがきつくなく、おならの強烈な臭さは主に悪玉菌の仕業だということが分かりました。
そして、「善玉菌」と「悪玉菌」はお互いがお互いを抑制しあうので、腸内環境で「善玉菌」が優勢な状態であれば、おならもあまり臭くないということになります。

つまり、臭いがきつくないおなら=良いおなら
悪臭がひどいおなら=悪いおなら

それなら、やっぱり、「善玉菌」を増やすしかない。(もしくは、「悪玉菌」を減らすか)
どちらもおならには有効ですが、アプローチの仕方が少し変わります。

 

●善玉菌の増やし方

1)善玉菌を多く含む食品(サプリメント)を摂る

ヨーグルト、チーズ、醤油・味噌(汁)・納豆等の発酵食品や乳酸菌・ビフィズス菌を摂取  できるサプリメントを摂る。

善玉菌を増やす食事

 

2)善玉菌のエサとなる食品を摂る

オリゴ糖・・・大豆、ごぼう、牛乳、バナナ、たまねぎ、アスパラガス
グルコン酸・・・はちみつ
食物繊維・・・豆類、ごぼう、干し椎茸、切干大根、海藻類、こんにゃく

3)規則正しい生活をする

不規則な生活は自律神経を乱して、免疫力を低下させ、体内をアルカリ性化してしまうそうです。暴飲暴食や睡眠不足、運動不足も腸内環境のバランスを狂わす要因となるので、なるべく規則正しい生活をして、食事もできれば同じ時間帯にするのがいいそうです。

 

●悪玉菌の減らし方

1)悪玉菌のエサとなる食品を避ける

肉類、油もの中心の食生活を見直す

2)水分を多く摂るように心がける

水分が不足すると腸内に便が長く留まってしまうので、悪玉菌が繁殖しやすい要因となります。1日にコップ8杯程度、約1.5リットルくらいは水分を摂るようにするのがお勧めです。

水を摂ろう!
3)ストレスをためない

ストレスで自律神経が乱れると胃酸や腸液の分泌が抑制されて消化不良を起こし、腸の食べカスが増えて腐敗便の滞留につながり、悪玉菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。なので、善玉菌を増やすためには、ストレスをなるべく溜め込まないようにすることが大事なんだそうです。

おなら事件自体がストレスとなっているので、卵と鶏なんですけどね。

おならが出る→ストレスになる→余計おならが出る。

 

◆臭くないおならに変えるにはどうしたらいいか

自分自身の食生活を振り返ってみると、肉類や油ものはあまり多くはなく、食物繊維も割ととっている方だと思います。

それでも、頻繁におならが出るのは、腸内環境のバランスがやっぱり少し狂っているのかな。

自覚症状として、睡眠不足はあります。仕事で忙しくてここ2年くらいはかなり睡眠時間が短いです。食事の内容には気を付けていますが、時間帯はバラバラ。朝食も食べないことが多い。

後は、水分をあまり摂っていませんでした。
ストレスについては、言わずもがな。
現代社会では、ストレスなしで生きるなんて不可能ですよね。

気づいた点はいくつかあるので、腸内環境を整えるように少し意識してみようと思います。
まずは、毎朝の朝食でヨーグルトを食べて、乳酸菌サプリでよさそうなものを探します!
経過はまたご報告しますね。

トンコでした。

 - おなら